京都は、日本の都市の1つである。都、もしくは京ともいい、歴史的には794年に日本の首都に定められた都城・平安京で、当時は日本の政治・文化の中心地であった。 1869年(明治元年)には、京都に「都」としての位置付けを残したまま国の政治の中枢機能を東京に移転(東京奠都)したため、現在も日本の首都は京都であるという解釈をされる場合もある。

金閣寺

×

金閣寺
金色に輝く京都のお寺。正式名称を鹿苑寺といい、相国寺の塔頭寺院の一つ。舎利殿「金閣」が特に有名なため一般的に金閣寺と呼ばれています。

東寺

×

東寺
京都市南区九条町にある東寺真言宗の寺院。東寺は真言宗の根本道場であり、東寺真言宗の総本山である。教王護国寺(きょうおうごこくじ)とも呼ばれる。

清水寺

×

清水寺
清水寺は法相宗(南都六宗の一)系の寺院で、広隆寺、鞍馬寺とともに、平安京遷都以前からの歴史をもつ、京都では数少ない寺院の一つである。

伏見稲荷大社

×

伏見稲荷大社
京都府京都市伏見区深草にある神社。旧称は稲荷神社。宇迦之御魂大神を主祭神とし、佐田彦大神、大宮能売大神、田中大神、 四大神をまつる。全国四万におよぶ稲荷神社の総本宮である。